Lineの仮想通貨取引所BITBOX、日米はのけ者( ;∀;)

BITBOX


LINEは6月28日、年に一度の大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2018」を開催。LINE CONFERENCEでは、複数の新サービスとともに、LINEが向かう今後の方向性などが発表されます。

ここでLINEによる仮想通貨取引所BITBOXについての発表がありました。
BITBOXは、LINEと、仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するLINEのグループ会社「LVC」が、両社の傘下であるLINE Tech Plus(所在地:シンガポール)を通して提供するそうです。

これまでの多くの海外仮想通貨取引所と同様に仮想通貨同士の取引で、法定通貨との取引は行いません。

詳細については発表されていませんが、サービスは7月を予定しているそうです。

最近ではSBIVCもサービスを開始しており、そのサービス内容はともかく一般の人でも知っている会社の参入はクリプターにとっても明るいニュースです。

日本での相次ぐサービス停止

そして、一番注目すべきなのは日米以外の地域においてサービスを提供するというもの。
ようは、我々日本人が個人として口座を持つことはできません。

う~ん…

最近、海外取引所での日本向けサービスの停止が相次いでいます。
法律や税制の問題によって日本が世界から取り残されそうな気がしてなりません。

昨年~今年初めにかけての高騰暴落があり、クリプト界隈の方には海外法人を立ち上げる方も相当数いるのが現実です。

国内取引所からの出金が法定通貨のみになってしまうような最悪の可能性も視野に、その時が来た時のために然るべき対策をしておく必要があるかもしれません。


仮想通貨とは関係ないんだけど・・・

昨今、様々なサービスに手を伸ばしており非常に活気のあるLINEさんですが、個人的にLINEにはLINEそのもののサービス向上をまずお願いしたいところです。

まずサービス開始当初から言われていることですが、LINE IDの変更ができるようにしてほしい。
たとえばTelegramなどではIDを自由に変更することができます。
スタンプなどを購入してしまうと、既存のアカウントを捨てるのはなかなか難しいことや、ストーカー気質のある元パートナーなどからの嫌がらせ防止になったりと、利点が多いと思うのですが。。。

そして、最近の格安スマホ人気による新たな要望として成人確認ができるようにしてほしいというもの。
一般的にキャリア契約でないと成人確認ができないため、格安スマホではIDによる友達追加ができません。
場当たり的にQRコード等を使うことができますが、こちらも何らかの対策を行ってほしいものです。


                   

0 件のコメント :

コメントを投稿