【レビュー】AZLA試聴してきました

AZLA特徴

AZLAはポータブルオーディオ業界に長く携わっていたアシュリー・リー氏らが独立し、新たに設立したイヤホンブランド。AZLA初の製品は、ブランド名を冠した象徴となる製品に仕上げたということです。
国内代理店はアユートとなっており、eイヤホン他各ショップにて購入可能です。
価格は約45000円となっています。
近年注目のハイブリット型のドライバー構成となっており、値段が安いと話題になっています。
また、独自のエアフロー技術「Infinity sound technology」を搭載することでイヤホンでありながらオープン型のような開放的ななり方を可能としています。

試聴感想

ハッキリ言って期待しすぎてましたね。

毎回のことではありますがアユートさんの商品はオーディオショップやブログ等の提携の都合上やむを得ない事ではありますが、提灯記事が多いです。
で、その提灯記事を信じて「良い」という先入観を持って試聴した人が「凄い!!安すぎる!!」なんていうことをSNSでつぶやくもんですからなんだかなーって感じです(笑)

本題に戻りますが、決して悪い音ではないです。
低価格帯のハイブリッド型らしく全音域で無難にならせています。
解像度も荒さが目立ちますが許容範囲内です。
うたい文句の通り、開放的に鳴ります。
装着感は悪いです。
正直に言って45000円で安いと思う商品ではありませんでした。

そして、一番の問題は最後の装着感の悪さになります。
これはSNS上でも多く報告されており、またTwitter上でアユートの中の人も認めています。
この対策として挙げられるのはカスタムイヤーピース
当然ながらAZLA専用ですので他のイヤホンでは使えません。

これ、現在のモニター価格で29800円です。
正式に一般価格になれば耳型採取料金も含めると40000円程度必要になるのではないでしょうか?
こうなるとAZLA本体と合わせて約90000円です。
90000円あればほかにもっといい選択肢がありますよね??

中の人曰く
「カスタムイヤーピースをつければもっといい音になるのでお勧めです。」
とのことです。

大事なことなんでもう一度言います。
AZLA本体と合わせて約90000円です!!

ところで、AZLA購入報告されてる方はAK70を使われてる方が多いようです。
AK70はまさに代理店と販売店のタッグによる宣伝効果によって大量に売れたDAPですよね・・・  
これ以上は何も言いません(笑)

本体45000円は高いよね、20000円くらいであれば買うかな・・・
ってな人!!
私の予想ではこのイヤホン、2018年福耳袋に入る可能性がとても高そうな香りがぷんぷんしてますのでそれまで待つのも手ですよ??

あんまり辛口を言いすぎるとだめですね。
ただ、昨今の代理店商法に物申したかったもんですからお許しください。

それではみなさん、ごきげんよう。