ハードウェアウォレット LedgerNano 購入レポート

こんにちわ。
前のブログで書いた通りビットコインの保管にはウォレットを用います。
ハードウェアウォレットはスマホやPCを使用するウォレットと比べ購入費用は掛かりますが、セキュリティの面では断然有利です。
今回はそんなハードウェアウォレットの中では最安値で購入できるLedgerNanoを購入しましたのでレポートいたします。

Zaifのキャンペーン狙ってますよ~(Twitterアカウントは最後に載せてます)


1.購入


 現在、国内でハードウェアウォレットを購入する場合Amazonで購入するのが一番簡単だと思 います。LedgerNanoはAmazonで約5000円で販売されています。今回は私もAmazonを利用して購入いたしました。


2.開封


到着した商品は手のひらサイズの小さな箱です。
ビニールで包装されており開封された形跡が
ないことが確認できます。

開封してみると下記の内容物と箱の下にストラップが入っています。
ウォレット本体・セキュリティーカード・バックアップシート・スタートガイド・ストラップ が全内容物となります。スタートガイドは英語での記載ですが初級英語ですので義務教育の範囲で理解できると思います。
本体は写真の通り、お世辞にも高級感があるとは言えません。むしろ中華製のUSBを思わせるような外観ですが、高級感の求められる価格ではないので値段相応といったところでしょう。


3.使用開始


 使用するにはまずウォレットを登録する必要があります。
https://www.ledgerwallet.com/start のLedger公式サイトから登録する商品を選びます。今回はLedgerNanoを登録するのでLedgerNanoのアイコンをクリックします。
 次に、二つ現れるアイコンの右側をクリックしてChromeにアプリをインストールします。
インストールが完了するとアプリを開き、新しくウォレットを作成します。
この時重要なのは表示される24個のWordをしっかりとバックアップシートに書き写すことです。
この24wordによってウォレットを復元できるため、万が一ウォレットを紛失した場合でもビットコインを失うことが防げます。
 ただし、もしその24wordが他人に知られてしまった場合、他人でもウォレットを復元し中身を盗まれてしまうことがあるのでバックアップシートの保管には細心の注意が必要です。
 同じ理由から、この24wordをPC上に保管することや、印刷機でコピーするのもセキュリティを低めることになるので避けるほうが賢明です。

4.使用感


 ハードウェアウォレットを利用することの一番のメリットはやはり安心感です。実物としてウォレットを手元においておけるのはスマホやPCのウォレットには実現できない安心感があると思います。この安心感が5000円で買えるのならば安くはなくとも、高くはありません。この小さな媒体に入れようと思えば億単位やそれ以上の資産を収めれると考えるととても不思議な感じがしますし、怖いです(笑) 
 ビットコインの送金や入金に関してはPCを利用するので少し手間がかかります。そのため、便利さの点ではスマホのアプリを用いるウォレットのほうが優れているといえます。
セキュリティの高いこのウォレットの弱点は、ウォレット本体に何らかの物理スイッチが搭載されていないので、使用するPCがハッキングされてしまった場合、セキュリティは格段に下がってしまいます。セキュリティカードがあるのでハッキングされたとしても簡単には盗まれることはないとは思いますが。


5.総評


 5000円で始められるビットコインウォレットとしてはなかなかの出来だといえるでしょう。
送入金の手間はセキュリティを優先するうえで致し方ないことだと割り切る必要はあると思います。
より高いセキュリティを求めるのであれば、LedgerNanoの上位モデルであるLedgerNanoSのほうが物理スイッチによるセキュリティの向上が認められるのでよりおすすめできます。
同様に物理スイッチを搭載したウォレットにはTREZORやKeepSafeなどがあげられます。
 
 セキュリティと利便性を両立するのは非常に難しいことであり、今後ビットコインが一般に受け入れられ始めると一番の課題がそこになるのは確実です。
 その問題をクリアすべく、ウォレット開発各社が新たなウォレットの作成を始めています。
昨今Ledger社が発売開始した新商品のLedgerBlueはウォレット本体にも通信機能を備えた画期的なウォレットです。実物は持っていないのですがぜひとも試してみたい商品です。
また、スマホアプリのウォレットで有名なMyceliumがカード型の通信可能なウォレットを開発中らしくどのようなものなのか期待して続報を待っています。





←LedgerBlue       

            








←Mycelium カード型ウォレット
                     





今後も新しくウォレットを導入しましたらレポートいたします。提供お待ちしております(笑)
それではまた~
LedgerNanoをしばらく利用して気づいた事に関する追加レポートもありますので是非ご覧ください。
それではみなさん、ごきげんよう


                   

0 件のコメント :

コメントを投稿